住宅ローン借り換え相談とは?

住宅ローンの金利が下がっていると知れば、住宅ローンを組んでいる人なら誰でも自分のローン金利と比較しますよね。
そこで、自分のローン金利より現在の金利相場の方が低ければ借り換えた方が得だという考えを持つのは当然です。
しかし、実際に借り換えるとなると手数料や印紙、税金などの諸経費がかかり反ってマイナスになってしまう事もあるのです。
その辺の諸経費や返済条件などは素人が一人で悩んでいても解決しませんから、銀行の窓口で相談した方が賢明です。
その結果、借り換えるメリットがあると分かれば融資の審査など具体的な取引内容に話が進むのですから、相談している段階では料金は発生しません。
これは、服を買いに行って店員さんに「どれが似合いますか?」と聞いている事と同じです。
ですから、借り換えを考えている人は、積極的に窓口で相談しましょう。
住信SBIネット銀行の借り換え諸費用は?低金利で人気!【いくら必要?】