ウィッグをファッショナブルに使い分けるには?

近代社会になり、ウィッグを「装飾品」として使用することが増えてきています。
(笑顔)。
ただこれは、現代だからこそというものではなくて、むしろ昔に戻ったと言っても良いくらいですね。
そう言っても過言ではありませんよね。
はるか古代については、ウィッグは正装の為の装飾品に使用されていた為、こちらの方が自然な目的と言うことです。
「カツラ」として着用される人工毛髪があります。
また、ファッションとして使用される装飾品としての人工毛髪の間に、特別な隔たりはありませんよね。
そう思います。
<原料について>※化学繊維などが使用されています。
ただ、自然な頭髪に見せる事が最大の目的となる「カツラ」とは違います。
あくまでも、ファッションとしてのウィッグの場合としては、いかに華やかに美しく見せるかと言うことが最大の目的となります。
<ファッションとしてのウィッグの場合>ヘアーエクステンション、俗に言う「エクステ」などの様な付け毛も含まれます。
その為、頭部に着用する、毛髪を模して開発されたファッションアイテム全般を総じ「ウィッグ」と言います。
そう呼ぶようになりました。
このファッションと言うジャンルは、基本的には美容全般を指します。
例えば、芸能人がコントなどで着用するカツラがありますよね。
これは、広義的にはファッション系のウィッグに含まれています。
そう考えられます。
装飾品としてのウィッグは、外見重視と言うことなので、機能性と言う点では、補足品のウィッグ程は重要視されていません。