住宅ローンを固定金利にするか変動金利にするか迷ったら無料相談してみませんか?

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
この保険の詳しい内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金が無くても購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ソニー銀行の住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、厳しい審査が待っています。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり住宅の価値を重視して審査を行います。
一般的な住宅ローンと一緒です。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。