電子マネー付きのクレジットカード

最低ランクの一般カードでさえも多くのものは国内や海外で適用される旅行保険が付いています。
病気の治療やケガでの通院や入院、死亡や後遺傷害などに対応していてステータスが高いほど補償される金額が大きくなって心強いですね。
一般的に国内旅行よりも海外の方が限度額が高く設定されていますがこの事は海外の方が医療費が高いのが原因で、アメリカでは、骨折で入院、レントゲン、手術で100万円もかかるという話があるくらいです。
携行品やショッピング品についても保障している事も多く、申告までに期限を設けている会社もありますので注意が必要です。
保険適用には自動付帯と利用付帯と2通りがありますが所有していれば自宅に保管していても適用されるのが自動付帯で、支払に使用しなければ適用されないのが利用付帯です。
接触型や非接触型などヴァリエーションが多い電子マネーですが我々の日常生活に浸透してきているsuicaやpasmoなどもそれにあたります。
あらかじめチャージしてカードに残金を貯めておき金額の範囲内で買い物ができるサービスです。
支払い方法はかざすだけなので手軽でスムーズに勘定を済ませることができるため効率的です。
キャッシュレスなカードのように後から請求がくる場合はつい使いすぎが心配ですが、入金している中から支払われるシステムなので心配はいりません。
利用するに当たっては、預託した金額を支払に充てるため申込み審査が不要ですからパート主婦やアルバイト学生でも利用できるので便利ですね。
ETCつきクレカはお金を出さずに清算できるだけでなく様々な特典を受けることができます。
イオン、セブンカードなど流通系のものは毎月「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるなどのサービスがあります。
JCB、AmericanExpressなどの国際ブランドでは日本国内や海外での宿泊施設、レストランや買い物で優待を受けることができます。
会員向けのレクリエーション特典として発行元が運営しているものには博物館、美術館、水族館や遊園地、テーマパークなどのアミューズメント施設で割引などのサービスがあります。
更に、医療や健康面を重視しているカードもありマッサージやリラクゼーション施設の利用サービスを用意しているものもあります。

http://www.autocharge-card-otoku.com/